2015年度三越伊勢丹商品改良事業

 

フォン・ド・ヴォライユ(ノリット・ジャポン株式会社)

日本三大美味鶏のひとつである比内地鶏のガラを100%使用した、純度の高い洋風のだしの素。黒をベースに高級感を演出するラベルデザインを目指した。商品の中身が見えるよう、ラベルに鶏の型抜きを施した。

 

 

即席 稲庭うどん(稲庭吟祥堂本舗)

お湯を注いで電子レンジで4分加熱するだけで茹でたてのおいしい稲庭うどんが食べられる。国内産小麦粉と秋田県産比内地鶏のつゆとかきたまを使った商品。フリーズドライのかきたまがお湯を含んで馴染んでいく様子を、グラデーションで印象的に表した。

 

 

比内地鶏ピュアスープ(JAあきた北央

比内地鶏の産地である秋田県北秋田市周辺。希少な比内地鶏のガラのみを贅沢に使用した白濁のピュアスープ。コクがあり、円やかで後味がさっぱり。味付けは一切しておらず、鶏本来の旨味を存分に堪能できる商品。無駄なものを一切使用していない、純粋なスープという視点から、色数を抑えてシンプルに表現。

 

 

玉屋 香り重ね仕込み 芳醇白だし(小玉醸造

鰹だし、昆布だしを、ヤマキうすくち醤油で調整した風味豊かな白だし。卵焼きや茶碗蒸しなど、色合いを美しく出したい料理に最適。香りの重なりを、曲線を交えてラベル側面に表現。きらびやかな和紙(金がすみ)に印刷し、上品さを演出。