問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです。

本日2015年4月21日『モバイルゲドン』がくる?検索結果が大変動??Googleの理念を理解すれば怖くない!

こんにちわ!ディレクター兼エンジニアの阿部です。今日は2015年4月21日。そうモバイルゲドンと呼ばれる記念すべき日なわけです。

みなさん知ってましたか? モバイルゲドンとは一体なにかというと

ウェブマスター向け公式ブログ 検索結果をもっとモバイルフレンドリーに

の記事でGoogleが公表している「モバイル対応しているサイトの検索結果での表示順位を優遇する」というものです。

この記事では下記のように記載があります。

1. 検索結果にもっとモバイル フレンドリーなウェブサイトを

Google では、4 月 21 日より、ウェブサイトがモバイル フレンドリーかどうかをランキング要素として使用し始めます。この変更は世界中の全言語のモバイル検索に影響を与え、Google の検索結果に大きな変化をもたらします。この変更によって、検索ユーザーは、クエリへの関連性が高く使用端末にも適した高品質な検索結果を見つけやすくなります。

様々な記事では、ひとまず様子見や、急にそこまで影響はないなどの考察もありましたが、Googleの発表にははっきり検索結果に大きな変化をもたらすと明記があります。また、昨今のスマートデバイスの急速な普及や、何年も前からモバイルファーストやレスポンシブウェブデザインを推奨してきたGoogleがこのような対応をとるのは突然の話ではないのです。

では、どのような手順で対応していけばよいのかを、今日は書いてみようと思います。

[space]

1.Googleの理念:Googleが掲げる10の事実を読みGoogleの考えを理解する

そもそも、検索結果を表示する仕組みを提供しているのはGoogleです。だいぶ前にYahooもGoogleの検索エンジンになりましたので、ここはもうGoogleの独壇場と言っていいでしょう。
スマートデバイス普及にともない、アプリ内検索なども急激に増えていますが、ひとまずそちらはおいておきます。

なので、検索エンジンを提供しているGoogleのことを知ることがまずは一番の近道です。
下記、Googleが理念としてGoogleが掲げる10の事実を見てみましょう!

[two_fourth class=”” last=”no” ]
Google が掲げる 10 の事実
[/two_fourth]

[two_fourth class=”” last=”yes” ]

1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
2.1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
3.遅いより速いほうがいい。
4.ウェブ上の民主主義は機能します。
5.情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
6.悪事を働かなくてもお金は稼げる。
7.世の中にはまだまだ情報があふれている。
8.情報のニーズはすべての国境を越える。
9.スーツがなくても真剣に仕事はできる。
10.「すばらしい」では足りない。

引用:Googleが掲げる10の事実

[/two_fourth]

[clear]
[space]

是非、上記リンクより全文を読んでみてください。

1にもある通りGoogleがもっとも重要としているのはユーザーです。ユーザーのことをただひたすらに考えていると言ってもいいくらいです。なので、2以降もユーザーのために述べています。

3.にある遅いより速いほうがいいは、検索結果を表示する速度についてですが、私達が利用しているWebサイトも表示が速いほうが良いのはもちろんなので、表示速度も検索結果に影響するようになってます。

英語の古い記事ですが、もう2010年の4月には公式に発表しています。5年も経っています!!!!!
Using site speed in web search ranking

5.ではモバイルの話に触れ、携帯端末でどこでも情報にアクセスできることに言及してます。

ユーザのことを考えれば、モバイル対応や、表示速度が速いほうがよいのは明白なので、モバイルゲドンは当然の対応といえます。

2.モバイルフレンドリーテストを行う

モバイルフレンドリーテスト

Googleのことを理解したら、まずは自分のWEBサイトがモバイルフレンドリーかテストしましょう!!

モバイルフレンドリーテスト

3.モバイルガイドを読みどうモバイル対応するか理解する

[two_fourth class=”” last=”no” ]

モバイルガイド

[/two_fourth]

[two_fourth class=”” last=”yes” ]

モバイルフレンドリーテストを実施したら、どのようにモバイル対応するのかGoogleの提供するモバイルガイドを読みましょう!

とってもユーザ思いのGoogleなので、どのようにモバイル対応するか、最適化するかについて紹介する素敵なWebサイトが用意されています。
主ににレスポンシブウェブデザインについて記載がありますが、こちらは少し難しい内容でかつ日本語に翻訳されていない箇所が多々あります。

参照:モバイルガイド

具体的にはこちらにあるモバイルSEO記載があります。
非常に勉強になりますね!

[/two_fourth]

[clear]
[space]

SEO(検索エンジン最適化)をもう一度きちんと理解する

[two_fourth class=”” last=”no” ]

検索エンジン最適化スターターガイド
[/two_fourth]

[two_fourth class=”” last=”yes” ]
SEO(検索エンジン最適化)を理解するにはGoogleがPDFにて提供している下記の

【PDF】検索エンジン最適化スターターガイド

を読めばもう十分です!!

これでもうモバイルゲドンなんて怖くないです!

あとは実際にサイトを修正したり、レスポンシブ対応にしたりしていきましょう!

[/two_fourth]

[clear]
[space]

モバイルゲドン対策のまとめ

モバイルゲドンには焦らず、急ぐように対応しましょう。
まずは

1.Googleの理念:Googleが掲げる10の事実を読みGoogleの考えを理解する
2.モバイルフレンドリーテストを行う。
3.モバイルガイドを読みどうモバイル対応するか理解する
4.SEO(検索エンジン最適化)をもう一度きちんと理解する
5.デザインや、コーディングなどの最適化するためにサイトに実装する

[space]

これで無駄なSEO関連書籍を購入する必要もなく、この先もずっと検索エンジン最適化の対応をしていけます。
Googleの考えを理解していれば小手先の技術だけにとらわれることもなく常に応用して対応していけるはずです。

SEO、SEOと言葉だけを先行して使わないように、上記の内容を読んだ上で対応したり、焦ったりしていきましょう!!

そして自分で対応するのも良いですが、自信がない、難しそう、時間がない!などの理由で対応ができない方は、弊社のようなWEB制作を行う会社にご依頼頂ければ幸いです!上記モバイルガイドなどにも出てきますが、何度制作しても、レスポンシブウェブデザインのサイトはデザイン設計も難しく、コーディングも大変です!!
ということで、僕たちはこれからも技術力をもっと上げて、対応していきます!

[space]

引用・参照一覧

Googleが掲げる10の事実
モバイルガイド
モバイルフレンドリーテスト
【PDF】検索エンジン最適化スターターガイド

大企業は近づく「モバイルゲドン」に対応しているか?

[space]
※4月21日 22:00追記
ウェブマスター向け公式ブログにて本日のモバイルゲドンについてGoogleがよくある質問について早速解答してます。
こちらもあわせて見ておきましょう!!
4 月 21 日のモバイル フレンドリー アップデートについてのよくある質問