地方ではどうして、家具を直接見て買えないの!? そんな人に贈る、超厳選インテリアECサイト8店

こんにちは、。東京に30年、サンフランシスコに1年、秋田に来て今月末でやっと1年。ノリット・ジャポンのディレクター兼エンジニア、32歳の阿部です。最近引っ越ししたいなと毎日考えております。

秋田にはまとな。。。あ、失礼。自分好みのインテリアショップが全くありません!! これには引っ越しを考え始めた自分に、見事なまでの絶望を与えてくれました。
ですが、現代では手で触れることができないものの、ネットで好きな家具を探して購入することができます。今回は自分用に大好きなインテリアショップをまとめてみました! 僕のように地方在住などでインテリアショップに直接行けない方、引っ越し予定で家具を色々見てみたいなと考えてる方必見の、超厳選インテイリアサイトを8店紹介します!

1.Unico(ウニコ)

[two_fourth class=”” last=”no” ]unico[/two_fourth]

[two_fourth class=”” last=”yes” ]http://www.unico-fan.co.jp/

ダントツで自分の好みなのがこのUnicoです。自社オリジナルデザインでさまざまなテイストのデザインがシリーズ名とともに展開されています。必ずどれかは欲しくなるはずです。
私はUnicoのALBERO(アルベロ) カバーリングソファ 3シーターを買おうと決めて数年経ってしまいまいたが、今年こそは購入したいです!

*WEB制作者の視点:サイトの作りも素晴らしいです。サムネイル写真も小さすぎず、見易く、カラーバリエーションの表示方法や、素材がわかる写真まで豊富に掲載してます。購入ボタンで黄色を使うのもツボです。モデルルームに商品をコーディネートした写真もどれもいい感じです。カテゴリーの分類もよく考えられていて、部屋やスタイル、シリーズからなど家具の分類だけじゃないものからも選ぶことができます。

[/two_fourth]

[clear]

2.arenot(アーノット)

[two_fourth class=”” last=”no” ]arenot[/two_fourth]

[two_fourth class=”” last=”yes” ]http://www.arenot.com/

インテリアの品揃えとデザイン、価格などバランスのとれたショップ。デザインに惚れて、かつ買える範囲の商品が必ずここなら見つかると思います! Unicoに次いで大好きなお店です。チェアの品揃えがとくに豊富だと思います。

*WEB制作者の視点:サイトの幅がせまい!!!! かなり前から変わっていないので、リニューアルを切に願います。サムネイル写真が小さくてそれもクリックする気持ちがなくなります。せっかくセレクトされてる商品が良い物ばかりなのに本当にもったいないと思います。

[/two_fourth]

[clear]

3.D&Department(ディーアンドデパートメント)

[two_fourth class=”” last=”no” ]d-department[/two_fourth]

[two_fourth class=”” last=”yes” ]http://www.d-department.com/shop/

東京に住んでいたころは、よくカリモクを買っていました。モケットグリーンのソファカリモクのテーブルなど同じブランドは相性も抜群です。今でも大好きなブランドの1つです。ロングライフデザインをテーマに良い、デザインを長く使っていこうというコンセプトに合致した品揃えは一見の価値あり。自由が丘近くの九品仏駅から歩いてすぐのところにショップがありますが、都心の喧騒を忘れられる素敵な場所です。ダイニングが1階に併設されていて、くつろげる空間になっています。ここのドライカレーが好きでよく食べてました。機会があれば是非足を運んでみてください。

*WEB制作者の視点:最近も、また流行ってきている自動でレイアウトを並び替えるMasonryを使ったレイアウトですね。こういうインテリア系のショップで雑貨などさまざまな商品を見せていくには最適なレイアウトの1つだと思います。

[/two_fourth]

[clear]

4.Noce(ノーチェ)

[two_fourth class=”” last=”no” ]noce[/two_fourth]

[two_fourth class=”” last=”yes” ]http://www.noce.co.jp/

比較的お手頃な値段の家具を揃えているショップです。20代前半にはとても救われた記憶があります。どうしてもすぐ欲しい! でも安くて素敵な家具を探したい! となったら間違いなくNoceで決まりです!

*WEB制作者の視点:カチッとしたGridレイアウトで好感が持てますね。きっちり要素が並べられていて、清潔で信頼感が出てます。ナビゲーションもアイコン写真がついて、配置もカテゴリーも明確に分かりやすくなってます。すばらしくお手本通りの良いECサイトだと思います。

[/two_fourth]

[clear]

5.B-company(ビーカンパニー)

[two_fourth class=”” last=”no” ]b-company[/two_fourth]

[two_fourth class=”” last=”yes” ]http://www.b-company.net/b/net_shop.php

ダークブラウンをメインカラーとした家具を中心に取り扱ってる印象があります。実際、その色ばかり揃えていた時期が自分にあったので、はまる人にはとても合うと思います。シンプル、すっきりというより、少しデザインに癖がある感じがします。

*WEB制作者の視点: うーん、何とも言えず少し古さを感じさせます。やはり横幅もせまく、写真も小さく、寂しい感じがします。木をテクスチャに使った感じはいいのですが、カートに入れるボタンがナビゲーションとおなじくボタンぽくないデザインは購入率に多大な影を落としているかと推測します。Faviconがブラウザのタブに表示されないのも悲しいですね。EC-cubeで作ってるようなので全然できると思うのですが…。

[/two_fourth]

[clear]

6.Cibone(シボネ)

[two_fourth class=”” last=”no” ]cibone[/two_fourth]

[two_fourth class=”” last=”yes” ]http://www.cibone.com/top.php

雑貨から食器、全て洗練された商品を揃えてるショップです。ソファの金額も20万前後のものがあるので、少しお値段が張りますね。ライティングの中にたくさん好みの商品があるので、引っ越したらライトはここで買いたいなと思ってます。

*WEB制作者の視点:商品が良いだけにサイトにはあまり力をいれてない様子が残念です。左よりのサイトを久しぶりにみた気がします。ただ、余計な色や要素がなく商品に自然と目がいくので、これはこれで良いのかなと思います。高級感も必要だと思うので、余白はたっぷり使っているのはいいですね。

[/two_fourth]

[clear]

7.±0(プラスマイナスゼロ)

[two_fourth class=”” last=”no” ]plusminuszero[/two_fourth]

[two_fourth class=”” last=”yes” ]http://www.pmz-store.jp/index.html

シンプルでおしゃれな家電と言えばやっぱり「±0」です!渋谷にあるShowroomもとてもかわいくて行ってみる価値あります!

*WEB制作者の視点:白と黒を貴重としたデザインですが、±0には合っているデザインですね。フォントが小さすぎるのが少し気になります。文字と背景のコントラストも低いので少し可読性にはかける印象でした。

[/two_fourth]

[clear]

8.[番外編] 羨望の眼差し、憧れレベルのショップ
Cassina(カッシーナ)

[two_fourth class=”” last=”no” ]cassina[/two_fourth]

[two_fourth class=”” last=”yes” ]
http://www.cassina-ixc.jp/shop/default.aspx

いつかここで好きなだけ家具が買えるように願って久しいです。。。とってもいいお値段の商品が揃っているお店です。その分高級感もあります。デザインも洗練されています。
以前、渋谷の実店鋪に入った時もその高級感やプライスが凄くて、動揺したのを覚えています。
ソファの3、40万円は当たりまえ、中には200万越えのものも!! …が、頑張って良いお仕事していかないとですね![/two_fourth]

[clear]

まとめ

いかがでしたでしょうか? 個人的な好みがかなり入ってますが個人的な見解なのでお許しください。ECサイトだったので勝手に、WEB制作者としての視点も書いてみました。

どこにいても素敵な家具が買えるというのは素晴らしいことですね。「触れない」という欠点がある分、ショップ側のほうの写真や説明の充実には細心の注意を払う必要があるかなと、今回改めて思いました。サイトの使いやすさはもちろん、写真の質や、枚数などにこだわって損はないかなと思います。それに加え、コンセプトやブランドの思いなどがあると購入者には響くと感じました。
高い買い物だけに、良いものを買って長く使いたいと思う人が多いですからね。

誰でも、どこに暮らしていても、良いインテリアに囲まれた快適な生活ができるとことを心から願っています!