新人エンジニアへ。すぐに動かせる!オススメクラウドベスト3!

こんにちは、エンジニアのモリシタです。

春!

新入社員で溢れかえる時期ですね!僕も3年前はウキウキしてた時代がありました。
(今も決して初心は失ってはいない…はず)

まぁ、僕も社会人になってさまざまな言語(プログラム言語)を習得してきました。
主なものとしては、

    • Java
    • PHP
    • Objective-C

少しいじれるものは、

  • Ruby
  • Python
  • C

ご覧の通りPaaS(Platform as a Service)で動くものが多いです。
サーバのセットアップがないものは、軽く何かを作りたいときに重宝しております。

セットアップをするのはサーバ周りの知識をつけるのに丁度良いので、仮想サーバを立ててって人もいると思いますが…。

ということで、まだサーバなんていじれないよ!…という新人さんたちにオススメのPaaSベスト3を紹介していきます。

1.Google App Engine

(Java/Python/PHP)
[two_fourth class=”” last=”no” ]
appengin
[/two_fourth]

[two_fourth class=”” last=”yes” ]
Googleさん提供のPaaSです。
Java/Python/PHPの他にもGoという言語もサポートしています。
無料で1か月に約500万ページビューを処理できるスペックを使えます!
ただ、DBがGoogle独自のNoSQLデータベースであるBigTableなのでMySQLとかを勉強したい方にはちょっと難あり。
[/two_fourth]

[clear]

2.Heroku

(Ruby on Rails/Clojure/Java/Node.js)
[two_fourth class=”” last=”no” ]
heroku
[/two_fourth]

[two_fourth class=”” last=”yes” ]
僕はRuby on Railsでしか利用したことがありませんが、
PostgreSQLやMySQLも利用可能なのでWebエンジニアには嬉しい環境です。
[/two_fourth]

[clear]

3.cloudControl

(PHP)
[two_fourth class=”” last=”no” ]
cloudcontrol
[/two_fourth]

[two_fourth class=”” last=”yes” ]
僕が3年前に初めて触ったPaaS。
MySQLも利用可能なのでPHPを利用したWebサービスを軽く作るには便利です。
[/two_fourth]

[clear]

まとめ

いずれサーバ触るなら、仮想サーバ立てたり、AWS(Amazon Web Service)でインスタンスを立ち上げたほうが今後のためになるかも知れないです。
PaaSよりもIaaS(Infrastructure as a Service)が普及してきた背景は、結局自力でサーバ運用する必要があるからだろうと僕は思います。

僕から言えることは、

「新人エンジニアたちよ、恐れず、コードを書くべし! 書くべし!」

…尻拭いは先輩たちがしてくれるからね〜。