こけしブログ第14回。湯沢にこけし店オープン!9月4〜6日は鳴子で「全国こけし祭り」!!

こんにちは、夏井です。お盆が終わり、だいぶ秋の気配がしてきました。秋は駆け足で過ぎてしまうので、ちょっとさみしいです。

そんな切ない心をほっこりさせてくれるのは、やはり素朴であたたかみのあるこけしでしょう!

今年8月2日、稲庭うどんで有名な秋田県湯沢市に待望のこけし店がオープンしました!

前回までの記事はこちら

第1回 東北のものづくりはスバラシイ。おかっぱライターがこけしの魅力、紹介します!
第2回 コレを知らないと始まらない、こけしの基本をお教えします。
第3回 産地へ行ってみよう 〜鳴子編〜。鳴子温泉はこけしパラダイス!
第4回 夏は秋田へ!湯沢へ!「木地山こけし展」8/20まで開催中です!!
第5回 約1時間で300本完売!「インディゴこけし」はこけし界のファッションリーダー!
第6回 こけしにもフェスがある!津軽こけし館の最大イベント「全国伝統こけし工人フェスティバル」に行ってきました!
第7回 飾るだけじゃないアイデアを提案!これがワタシ流「こけしの楽しみ方」
第8回 冬も湯沢へ!2/14・15はめんこいこけし&犬っこに会いに来てたんせ〜
第9回 おかっぱライター、今回はちょっぴり真面目に話します
第10回 今年4月に誕生したばかり!「石巻こけし」って何?
第11回 全日本こけしコンクールが開催されている宮城県白石市の「弥治郎系こけし」はポップでカワイイ!
第12回 全国のこけし施設が仙台に集結!6/27・28「全国こけ“シセツ”サミット2015」開催!!
第13回 2015夏・東北のこけしイベント情報!お祭りもいいけど、こけしもね!

豊富な品ぞろえで、県外からの来客も続々!

阿部始漆器店

そのこけし店は、湯沢市川連町にある「阿部始漆器店」です。店主の阿部さんが何十年もかけて集めた中古こけしや、工人さんが新たに製作したこけしがずらりと並びます。訪問の際、阿部さんの了承を得て写真をたくさん撮らせていただきました。

[space]
阿部始漆器店 店内写真1

阿部始漆器店 店内写真2

阿部始漆器店 店内写真3

木地山系が中心ではありますが、津軽系や遠刈田系、入手が難しいレアなこけしもありますので、ファンにはたまりません!

阿部始漆器店
〒012-0105
秋田県湯沢市川連町字大舘上山王50-7
TEL.0183-42-2274
FAX.0183-42-4482
営業時間/8:00~17:00
※不在の場合もあるそうなので、来店の際は予めお電話を!

食も自然も楽しめる湯沢地方

以前のブログでもご紹介しましたが、湯沢市川連に伝わるこけしは「木地山系川連こけし」と呼ばれ、秋田県伝統工芸品にも指定されています。

それだけに川連近辺には、こけし工人さんの工房がいくつかあります。また、「川連漆器伝統工芸館」では美しい川連漆器や、こけしも少しですが取り扱っています。

こけしスポット巡りをしたら、日本三大うどんの一つとされている稲庭うどんを食べるもよし!

もしも紅葉の時期なら、ぜひ「小安峡」に行ってみてください。深い断崖、複数の滝、温泉が勢い良く噴出する“大噴湯”など、見どころいっぱいですよ!

小安峡

9/4~6は鳴子で「第61回 全国こけし祭り」

湯沢から国道108号線経由で約1時間半。宮城県大崎市にある鳴子温泉郷では、こけしファンお待ちかねの「第61回 全国こけし祭り」が開催されます。

9/4(金)は前夜祭、9/5(土)・6(日)はこけしの実演展示販売、こけしフォーラム、コンクール作品展示など、温泉街がこけし一色に染まります。

今年のパンフレットはこんな感じ。

第61回 全国こけし祭り

シュールです。こけし好きの私から見てもシュールすぎます。

大きなこけしから手が生えているこの写真は、毎年2日目の夜(今年は9/5)に行われるフェスティバルパレードの様子。

ハリボテこけしの中に入る人は一般募集され、2人1組になって当日温泉街を練り歩きます。(1人はハリボテの中に入り、1人はその誘導をします)

私もいつか入りたい!と思っているのですが、今のところ夫に固く拒否されているので(笑)、今年はゆっくりと眺める予定です。
もしその夢が叶ったら、こちらのブログで披露しますのでお楽しみに…。

全国こけし祭り
WEBサイト→http://kokeshimatsuri.com/
Facebook→https://www.facebook.com/kokeshimatsuri