こけしブログ第7回。飾るだけじゃないアイデアを提案!これがワタシ流「こけしの楽しみ方」

こんにちは。ライター夏井です。

最近、面識のない方から、SNSを通して「こけしブログ書いている方ですよね?」と言ってもらえたり、Twitterのフォロワーさんから「あのブログって夏井さんだったんですか」と驚かれたり。そんな反響がちびちびと増えてきました。

私の“こけし好き”は周囲にも浸透しておりまして、誕生日にはなんと!会社からこけしケーキのサプライズ!!
30を過ぎると歳を取るのがものすごく憂鬱なのですが、今回ばかりは涙が出るほど嬉しかったですね。

そんな心の広い方々に支えられ、こけしブログも第7回となりました。

今回はどんなテーマにしよう…冬は雪深いこけしの産地に行くのも難しいし…。

といろいろ悩んだ結果、これにしました。
『こけしの楽しみ方』。

「こけしってただ置いておけばいいんじゃないの?」なんて、悲しいこと言わないでください。産地やフェスでお気に入りのこけしを購入したら、せっかくなので飾りましょう!楽しみましょう!

前回までの記事はこちら

第1回 東北のものづくりはスバラシイ。おかっぱライターがこけしの魅力、紹介します!
第2回 コレを知らないと始まらない、こけしの基本をお教えします。
第3回 産地へ行ってみよう 〜鳴子編〜。鳴子温泉はこけしパラダイス!
第4回 夏は秋田へ!湯沢へ!「木地山こけし展」8/20まで開催中です!!
第5回 約1時間で300本完売!「インディゴこけし」はこけし界のファッションリーダー!
第6回 こけしにもフェスがある!津軽こけし館の最大イベント「全国伝統こけし工人フェスティバル」に行ってきました!

飾り方にもアイデアを。

IMG_1330

まずは、部屋に飾ってみましょう。こけしは和のイメージですが、洋にも似合います。いろんな場所を試して、しっくりくる所に飾ってください。

ただ並べるのも悪くはありませんが、こうやってカゴに入れるのも可愛いですよ。わが家では、部屋の扉を開けるとすぐにこのカゴが目に飛び込んでくるので、初めて来た人にかなり驚かれます。

他にもこけし専用の棚を取り付けたり、本棚に置いてみたり、手ぬぐいを敷いたり。絵や写真と一緒に飾るのもおすすめ。自分だけのお気に入り空間をつくってみてくださいね。

 

こけしアルバムを作る。

私が休日よくやっているのがコレ。
お気に入りのこけしちゃんと一眼レフを持って、近所をお散歩します。
木々や森、海、道端に咲いていた花と一緒に写真を撮るのです。

木地山系 阿部木の実 工人
(木地山系 阿部木の実 工人)

鳴子系 松谷伸吉 工人
(鳴子系 松谷伸吉 工人)

木地山系 阿部陽子 工人
(木地山系 阿部陽子 工人)

雨や雪が降って散歩できない!そんなときも大丈夫。部屋でも充分楽しめます。
季節毎にテーマを決めて、それに合った小物と一緒に撮影してみましょう。

これは昨年のクリスマスに撮ったものです。
テーマは『メリーこけしマス』。

作並系 鈴木明 工人
(作並系 鈴木明 工人)

木地山系 阿部木の実 工人
(木地山系 阿部木の実 工人)

遠刈田系 佐藤康広 工人
(遠刈田系 佐藤康広 工人)

遠出をするときにも、ぜひ連れて行ってください。旅先でこけしと一緒にパチリ。素敵な思い出になること間違いなし!

今回の撮影先は、田沢湖近くにある「思い出の潟分校」。
すでに廃校になってしまった小学校を舞台に、なつかしの積み木やそろばんと一緒にノスタルジックな雰囲気で撮ってみました。哀愁漂う表情、なんともいえません。

木地山系 阿部市五郎 工人

木地山系 阿部市五郎 工人

木地山系 阿部市五郎 工人
(いずれも木地山系 阿部市五郎 工人)

「一番似てる子は誰だ!?選手権」開催。

こけしの性別って女の子なのですが、じっと眺めていると誰かに似てくるんですよ。そこでやってみました、「自分に一番似てる子は誰だ!? 選手権」。

エントリーNO.1~5の中で、一番似ている子をFacebookで投票してもらうという、なんともくだらない、だけど本人はめちゃくちゃ楽しい遊びです。

栄えある1位に輝いたのは、この子!!

佐藤文助 遠刈田系の工人

佐藤文助さんという、すでに亡くなられた遠刈田系の工人さんの作品です。
初めて見たとき「似てる…」と思っていたのですが、友人からのお墨付きもいただき見事優勝。自己満足の極みですね…。

最後に、こけしあるある。

●暇があると磨いちゃう。

●ハンカチにくるんで、どこへでも連れて行く。

●服やアクセサリーよりもこけしを買っちゃう。

●「誕生日何が欲しい?」と聞かれて「こけし」と答えちゃう。

●自分へのご褒美も、こけし。

●高価なものを見ると「こけし何本買えるだろう」と想像しちゃう。

●こけしイベントに合わせてスケジュールを立てる。

●SNSがこけしの写真でいっぱいになる。

●工人さんと顔なじみになる。

●「 i 」がこけしに見える。

●「 ! 」ですらこけしに見えてくる。

ひとつでも当てはまったら、すでにこけしの世界へ足を踏み入れている証拠。ちなみに私は全部です、もちろん。

おそらく年内最後になるであろうこけしブログ。初回から読んでいただいた方、本当にありがとうございます。来年も許される限り書き続けますので、どうぞお付き合いくださいませ。