白神山地珍道中 ~二ツ森編~

こんにちわ。デザイナーの木村です。
秋といえば「芸術の秋」「食欲の秋」「読書の秋」なんてありますが、
やはりここはスマートに「スポーツの秋」なんです。デザイナーってインドアな感じがするかもしれませんが、アクティブな人っぽく思われたいんです。
先日ですが、白神山地の二ツ森に登山をしに行ってきました!

白神山地(世界自然遺産)←日本で4ヶ所だけ!

yama00

「屋久島」「白神山地」「知床」「小笠原諸島」

現在、日本で登録されている【世界自然遺産】はこの4ヶ所だけです。
白神山地が登録されたのは1993年12月で、今からおよそ21年前の事です。
「富士山」を忘れてるがな! と思われるかもしれませんが、富士山は【世界文化遺産】なんです。これは意外でした。

※私事ですが富士山は〝登頂済み〟です。フフフ。
そんな世界遺産を秋田で体感できるなんて、こんなラッキーなことはありません!
二ツ森は秋田市からだと入山エリアまで車で2時間半程でいけちゃいます。

[space]

二ツ森へIN!

yama01

の前に、入口で靴の底を綺麗にします。なんでもこれは下界の種を山に持ち込まないためだそうです。
山の景観を維持するには必要なことですね。

[space]

yama02

今回はガイドさんが付いているので安心。それにしてもダンディすぎます。
白神山地のあれこれを教えて頂いたのですが、ダンディに気をとられほとんど聞いていませんでした。
すいません…。

[space]

yama03

いざ出発です!
道が最低限しか整備されていなくて、基本的に1列で進みます。
下山客とすれ違うときは譲り合いの精神が必要になってきます。

[space]

yama04

そりゃそうよ。

[space]

yama05

足下にはきのこなんかも見え隠れします。食べられる、食べられないがあるので、むやみに手を出すのは危険です!
これは確か食べられるやつ!

[space]

yama06

上を見上げると、勇ましいブナの木が!登山中は首が下がって足下を見てしまいがちですが、
上を見ると新しい発見があるかもしれません。

[space]

yama07

途中でくわした看板のイラストのシュールさ。なにから突っ込んだらいいのかわからないほどです。
とりあえずリボンが可愛い…。

[space]

yama08

歩いて40分程で、ブナの原生林が現れます。一気に神秘的な空間に包まれます。
原生林が登山エリアで見られる場所は限られているのでとても貴重です。

[space]

yama09

頂上に向けてラストスパートです。途中、木々たちが行く手を阻みますが、そこは華麗にかわしていきます。
普通の山だったらこういった邪魔な木は伐採しますが、そこは世界遺産。保護が最優先です!

[space]

yama10

ガイドさんの心強さ。

[space]

yama11

ゴーーーーーール!

約1時間ほどで登頂です。登山にしては短い時間ですが、アップダウンが比較的激しい。
それが初心者からベテランまで、この山が好まれる理由だと思いました。

[space]

yama12

天気が良いと白神山地以外に岩木山も見えます。(写真奥)

[space]

yama13

ひと息ついて下ります。足場が悪く下りのほうが上りよりしんどかった…。

[space]

yama14

下山し、麓の山小屋で楽しい楽しい昼食です。ベテランの方々は準備もスピーディーかつスマート!

[space]

yama15

お味噌汁やコーヒーを差し入れで頂きました。至福の瞬間です。

[space]

二ツ森を振り返る

yama16

10:00に入山し、下山したのが12:00でした。二ツ森はなんといってもこの手軽さが魅力ですね。
午前中で登りきることができるので、午後はゆったり近くの温泉にいったりして1日を有意義に過ごせると思います。
次回は隣の真瀬岳を攻めたいと考え中です。その次は白神岳…、といった風に白神山地制覇を目指します!(多分無理)
山登りを通して季節を感じられる大人になっていきたいと思う今日この頃でした。

[space]

オススメの漫画(神々の山嶺)

yama17

山登りに興味を持つきっかけになった本がこの「神々の山嶺(いただき)」です。不器用な男が山登りに没頭していく様がリアルに描かれています。
山登りの楽しさや恐さを教えてくれます。しかも映画化が最近決まったとか!(2016年公開予定)