こけしブログ第5回。約1時間で300本完売!「インディゴこけし」はこけし界のファッションリーダー!

こんにちは、夏井です。これまでは伝統的な種類や定番のこけしを取り上げてきましたが、今回はちょっと変わったこけしを紹介します。新型こけしとは言えないけれど、新発想から生まれた珠玉の逸品。
ファンならずとも、その魅力に打ちのめされてしまうこと間違いなし!

前回までのこけしブログ記事はこちらです。
第1回 東北のものづくりはスバラシイ。おかっぱライターがこけしの魅力、紹介します!
第2回 コレを知らないと始まらない、こけしの基本をお教えします。
第3回 産地へ行ってみよう 〜鳴子編〜。鳴子温泉はこけしパラダイス!
第4回 夏は秋田へ!湯沢へ!「木地山こけし展」8/20まで開催中です!!

「青」と「藍」でこけしを絵付け

b5_00

なんと、人気セレクトショップBEAMSのレーベル〈フェニカ〉と、仙台・宮城のものづくりによるコラボレーションが実現し、素敵なこけしが生まれたのです。

その名も「インディゴこけし」!

[two_fourth class=”” last=”no” ]

仙台・宮城のてしごとたち 手とてとテ

[/two_fourth]

[two_fourth class=”” last=”yes” ]
BEAMSのバイヤーが、『青』が今までこけしの絵付けに使われていなかったことに注目。伝統こけし工人と共に試行錯誤を重ね、ファッションに密接な関係のある青色で絵付けをほどこしました。さらに、限定販売品として藍で絵付けしたこけしも誕生したのです。

※参照:仙台・宮城のてしごとたち 手とてとテ
web http://tetotetote-sendai.jp/topics/fennica.html
[/two_fourth]

[clear]

つくり手は、宮城・遠刈田の佐藤康広工人

[two_fourth class=”” last=”no” ]
b5_01
[/two_fourth]
[two_fourth class=”” last=”yes” ]
そんなシャレオツなインディゴこけしをつくり上げたのは、遠刈田系こけしをはじめとした木地挽物を製作している「仙台木地製作所」の佐藤康広工人。康広工人は、黄綬褒章を受賞している父・正廣工人に師事する、こけし界の若き匠です。

“若き匠”と申し上げましたが、康広工人の年齢は私の1つ上。私の場合はNJでは最年長にあたりますが、康広工人はこけし界ではかなり若い方なのです。うらやましい。
[/two_fourth]

[clear]
[space]

[two_fourth class=”” last=”no” ]
b5_02
[/two_fourth]
[two_fourth class=”” last=”yes” ]
わが家に飾ってある康広工人のこけしはコチラ。ふっくらとした輪郭に、クリッとした瞳。小動物のようで愛らしいですよね~。一番右の子は、仙台の羊毛作家・もわもわ*びよりさんとのコラボレーション。可愛すぎて倒れそうです。
[/two_fourth]

[clear]
[space]

待ちに待った東北での販売!

[two_fourth class=”” last=”no” ]
b5_03
[/two_fourth]

[two_fourth class=”” last=”yes” ]
インディゴこけしが誕生したのは2013年ですが、実はこれまで東北での販売はありませんでした。ところが今年の8月23日(土)・24日(日)の2日間限定で、仙台駅前のアエルにやって来るというではありませんか!これは行くっきゃない!“実家に帰る”という名目で行くっきゃない!そんなわけで夏季休暇をこの日に設定し、故郷・仙台に帰省したのです。

気合いを入れて前日に仙台入り。オープンは朝10時ですが、9時半には会場へ到着しました。ところが…!!なんとすでに整理券を配っているではありませんか。なんてこった、しくじった!予想以上に人気があるインディゴちゃん。私は「21番」の整理券を握りしめ、列へと並んだのです。余談ですが、並んでいる間に前後の人と喋ってしまうのはなぜでしょう?人見知りな私ですが、全く知らない人とこけし話が花が咲いたのでした。

[/two_fourth]

[clear]
[space]

[two_fourth class=”” last=”no” ]
b5_04
[/two_fourth]
[two_fourth class=”” last=”yes” ]待ちに待った私の番がやってきました。やっと会えたね、インディゴちゃん。1年間待っていたんだよ、インディゴちゃん。にやにやしながら自分好みの子を選びレジへ。その際、康広工人と少しだけお話することができました。
ブログタイトルにも書きましたが、私が購入した後もお客さんの列が続き、オープンから1時間弱で300本が完売したそうです。恐るべし、インディゴちゃん!!
[/two_fourth]

[clear]
[space]

さっそく部屋に飾ってみました。

b5_06

私が購入したのは4本。一番大きい子が藍で絵付けされたこけしです。自然塗料を使用しているため、その日その時によって色の出方が変わるそう。去年とは少し色が違うものがありました。
こうやって見ると、こけしって和室だけでなく洋室にも合うと思いませんか?私の場合は北欧テイストのインテリアとコーディネートしています。どんな部屋にもしっくりと馴染むこけし、あなたのお家にも1本いかがですか~?