SEVENS RUGBY(7人制ラグビー)の魅力

皆さんお久しぶりです。

すっかりブログの更新ができておらず…。

覚えていただけておりますか? ラガーマンの松本です。

今日はSEVENS RUGBYの魅力を皆様にお伝えしようと思っております‼‼‼‼

7人制ラグビーとは

[one_third class=”” last=”no” ]
004
[/one_third]

[two_third class=”” last=”yes” ]

・15人制と同じ大きさのグラウンドを使って7対7で試合をします。

・リザーブ(ベンチメンバー)は5人です。1試合の交代は3人までとなっています。

・試合時間 前後半7分 ハーフタイム1分(大きな大会の決勝は前後半10分で行われる)

[/two_third]

[clear]

15人制との違いと7人制の見どころ

[two_fourth class=”” last=”no” ]
005
[/two_fourth]

[two_fourth class=”” last=”yes” ]

本来なら15人で守るグラウンドを7人で守るので、一人ひとりの守備範囲が広くなります。そのため、攻守が直接体をぶつけあうような「コンタクトプレー」が少なく、パスシーンが多いのでスピーディーな試合展開が見られます。

ということは、個人個人の高レベルなスキルが必要とされるとも言えます。

例えば…ハンドリング(パススキル)・ランニング・タックル・サポートプレー・コンタクト・ボディーコントロール・コミュニケーションなど。

[/two_fourth]

[clear]

7人制の楽しさとは?

スペースが広いので、相手に阻まれずに自由に動けるシーンが多い。

1対1の抜き合いが面白い。

人数が少ないため、ボールをたくさん持つことができる。

自分のスキルを最大限生かせる。

大技が使える。試合時間が短い。目立てる!(←コレ大事・笑)

怪我が少ない。解りやすい。スピーディー。ボールが良く動く。

7人制のツラいところとは…

ミスが命取り(ミス=相手のチャンス・トライ)

走りっぱなし。ディフェンスが難しい。

7分間で自分のパフォーマンスを見せないと活躍できない。

リードされると逆転が難しい。

責任が重い。

負けても同じ日に試合がある(1日1試合ではない)

 

同じラグビーですが、プレイする側としても人数が違うだけで攻撃、防御の考え方が変わります。となれば、観ている側にとっても面白さが変わります。

こう考えると、改めて面白いスポーツだなと思います。 

ラグビーは世界3大スポーツのひとつ

[two_fourth class=”” last=”no” ]
006
[/two_fourth]

[two_fourth class=”” last=”yes” ]
7人制ラグビーの魅力は試合だけでなく、観戦・応援している人々の熱気にもあります。世界ではそれほど人気のあるスポーツなのです。

ファンは自国の応援のため、海外の試合会場にも仮装して駆けつけます。まるでお祭りのように会場は賑わい、ラグビーを楽しみ、盛り上がります。敵、味方関係なく、本当に大騒ぎです。

きっと皆さんも、ルールがわからなくても雰囲気で盛り上がれます(笑)[/two_fourth]

[clear]

これからラグビー界で注目される「日本」

2015年はイングランドで15人制ラグビーワールドカップ開催。

2016年のリオ五輪にも7人制ラグビーが採用されます。

2019年には、日本で15人制ラグビーワールドカップが開催されます。

そして、

2020年には東京五輪で7人制ラグビー。

これから日本を舞台に、世界のラグビーが盛り上がります。

日本でワールドカップと五輪を成功させるために、日本全体でもっと盛り上げていかなくては…!!

秋田ではサッカー、バスケ、そしてラグビー!…と、さまざまなスポーツを見ることができます。ぜひ、試合会場へ足を運び、生の試合の雰囲気を味わい、楽しんでもらいたいと思います。

もっと、スポーツを楽しみましょう! 試合会場でお待ちしています!!!