秋田が誇る「OGA NAMHAGE ROCK FESTIVAL」を妄想する

秋田が誇る「OGA NAMHAGE ROCK FESTIVAL」を妄想する

こんにちは!
ディレクターのネモトです!

今回は秋田が誇る、全国屈指の野外フェス「OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL ❐」についてお話したいと思います!

今年も7月26日・27日に開催されるOGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL ❐。最初は屋内で開催されていたイベントで2007年から開催されています。2010年からは野外に会場を移し、海風の香る港のステージで国内屈指のアーティスト達が暴れまわる、まさにロックフェスです。天気が良ければ夕方には鮮やかなサンセットがステージを照らし、通常の緑あふれるフェスとはまた違った魅力があるイベントです。

それはそうと!
今年のラインナップ見ました!?
はんぱないっすわー。
国内でもここまでのメンツを揃えるのは相当ハードルが高いと思います。
今年から初の2Daysでこれから発表されるアーティストも期待できると思います。

個人的にど真ん中のメンツではありますが
アーティストの第3弾発表を前に
もっとラインナップをど真ん中にしたらどうなるか。
脳汁溢れ出ちゃうのかを妄想します。

和楽器バンド

[two_fourth class=”” last=”no” ]

[/two_fourth]
[two_fourth class=”” last=”yes” ]
[quote ]
詩吟、和太鼓、箏、尺八、三味線といった伝統芸能とゴリゴリのロックバンドを融合させた前代未聞の新感覚和奏ロックサウンドでボカロ曲をカバーしています。
[/quote]

このバンドは最近知ったのですが、一発でもってかれました。なんたって各人のバックボーンがやばすぎ!個人的にはニコ動もボカロもほとんど聞きませんがこれはおすすめ!
HP:http://www.wagakkiband.jp/ ❐
[/two_fourth]
[clear ]

TURTLE ISLAND

[two_fourth class=”” last=”no” ]

[/two_fourth]
[two_fourth class=”” last=”yes” ]
[quote ]
1999年20世紀末 豊田市にて結成。幾多のメンバーチェンジを繰り返し、現在は和太鼓、篠笛、あたり鉦、シタール、タブラ、馬頭琴、ジェンベ、ドゥンドゥン等各国の様々な土着楽器とギター、ベース、SAXなど西洋楽器を使い 日本のお囃子やチンドン等 日本やアジア、モンゴロイドのGROOVEと、パンクやロック、レゲエサウンドから民謡、各国土着音楽まで勝手雑多に飲み込んだ極東八百万サウンド。

日本、アジア近辺の土着ズンドコビートと独自の世界観や節回しを磨きつつ 自分たちのルーツ 遺伝子 細胞 魂の踊る音楽を模索追及中。
2012年現在総勢17名のサウンドメンバーと音響等 スタッフあわせ20数名が入れ替わり 状況に応じ形を変えつつ進行中。
[/quote]

和楽器つながりでこのバンド。会場を一気に祭りに変えてしまうパワーは半端ないです。まだ生で見たことがないので是非体感したい!
HP:http://www.turtleisland.jp/ ❐
[/two_fourth]
[clear ]

THE CHERRY COKE$

[two_fourth class=”” last=”no” ]

[/two_fourth]
[two_fourth class=”” last=”yes” ]
[quote ]
THE CHERRY COKE$(ザ・チェリーコークス)は、アイリッシュミュージックとPunk Rockを基とし、様々な民族楽器を取り入れ演奏される音楽”PADDY BEAT”(パディービート)の7人組ロック・バンド(曲によっては、世界各国の音楽的要素も奏でられている)。徳間ジャパンコミュニケーションズ所属。愛称はチェリコ。
[/quote]

個人的にはDropkick MurphysよりもThe Poguesかっこいい世界一のアイリッシュ・パンクバンドだと思います。
最高!ビールがうますぎる!
HP:http://www.thecherrycokes.jp/ ❐
[/two_fourth]
[clear ]

MAN WITH A MISSION

[two_fourth class=”” last=”no” ]

[/two_fourth]
[two_fourth class=”” last=”yes” ]
[quote ]
MAN WITH A MISSION(マン ウィズ ア ミッション)は、日本のロックバンド。所属レコードレーベルはソニー・ミュージックレコーズ、所属事務所はeggman Co.,Ltd.。頭はオオカミ、身体は人間という外見の究極の生命体5人で構成されるという設定である。バンド名は英語で「使命を持った男」という意味で、MWAMやマンウィズなどの略称で呼ばれる。また、マスコミでは判りやすさからオオカミバンドと俗称する事も。
[/quote]

Mステなどで地上波にもガンガン露出がかかっているので、この風貌どこかでご覧になったことがあるかもしれません。
地球上でもっともかっこいいオオカミです。
ちなみに・・・


秋田公演時に紀文に!?
HP:http://www.mwamjapan.info/ ❐
[/two_fourth]
[clear ]

Fear, and Loathing in Las Vegas

[two_fourth class=”” last=”no” ]

[/two_fourth]
[two_fourth class=”” last=”yes” ]
[quote ]
Fear, and Loathing in Las Vegas(フィアー・アンド・ロージング・イン・ラスベガス)は日本のポスト・ハードコアバンド。ポスト・ハードコアをベースに、オートチューンボーカルとシンセサイザーを交え、トランスの要素を取り入れたスタイルが特徴。
[/quote]

四つ打ち嫌いだった僕を電子音楽の世界へいざなってくれたバンド。秋田公演ですら爆速でソールドアウトする人気です。ほんとかっこいい。
HP:http://www.lasvegas-jp.com/ ❐
[/two_fourth]
[clear ]

HAWAIIAN6

[two_fourth class=”” last=”no” ]

[/two_fourth]
[two_fourth class=”” last=”yes” ]
[quote ]
Hawaiian6(ハワイアンシックス)は、日本のスリーピース・ロックバンド。
公式ロゴは「Hawaiian6」であるが、近年はすべて大文字の「HAWAIIAN6」と表記する事が多い。
[/quote]

僕の青春は彼らと共にありました。なんといってもメロディーの切なさ。10年経った今もまったく色褪せることはありません。
HP:http://www.ikkinotdead.com/index2.html ❐
[/two_fourth]
[clear ]

10-FEET

[two_fourth class=”” last=”no” ]

[/two_fourth]
[two_fourth class=”” last=”yes” ]
[quote ]
10-FEET(テンフィート)は、京都府出身の3人組ロックバンド。所属レーベルはユニバーサルミュージック、マネジメントはBADASS。ジャンルは主にメロディック・ハードコアに分類されるが、ミクスチャーナンバーもこなす。
バンド名は「届きそうで届かない距離」(10フィート=約3メートル)の意。
[/quote]

そして僕が大好きな10-FEET。行ったLIVEと見たDVDでは100%号泣しています。1弾、2弾の発表を見て『このメンツだったら・・・もしかして!!』と、期待せざるを得ません。
しかもあんなかわいく来てって言われたら来ないわけにはいきませんよね?(DVD:OF THE KIDS, BY THE KIDS, FOR THE KIDS!VI DISC2 参照)
ちなみに上記DVDの秋田パートになんと・・・僕、見切れています!!!家宝にしました!
HP:http://www.10-feet.com/ ❐
[/two_fourth]
[clear ]

いかがでしょうか。ええ、そうです。
お気づきのように完全に自己満足の記事です。
でも、既に発表されているアーティスト達も本当に大好きで
地元にいるからこそ感じる困難やしがらみを理解できる分
秋田でこのようなフェスが開催されることを心の底から誇りに思います。

何年先もずっと、夏は男鹿フェスでモッシュしていたいです!