入りたてホヤホヤの新人デザイナー・イワサキの 『新社会人&新人デザイナーになって変わった5つのこと』

初めまして! この春、県内の大学を卒業しノリット・ジャポンに入社しました岩崎菜月です!!
新米デザイナーになってあっという間に一ヶ月半がたちました。
今回は、デザインのことも会社のことも、まだまだわからないことだらけの今だからこそ書けることを書いてみようと思います!

1 アイテムに「名刺」が増えた

社会人の必須アイテムといえば「名刺」
5㎝×9㎝の小さな紙ですが、自分自身を表す大切なアイテムです。

私が人生初の名刺を受け取った最初の感想は「デザイナーって書いてる…かっこいい…っ!」でした。
ノリット・ジャポンの名刺は、厚みがあって触り心地のいい、黒の素敵なデザインです。
この立派な名刺に負けないように日々精進していかなければ、と強く思いました。

2 夢がひとつ叶った

PCメガネ

両目2.0の私が昔から密かに憧れていたもの、それはメガネです。
長いこと、視力を維持しながらかけられるメガネはないだろうか…と頭を抱えていましたが、この度ついに夢が叶いました。

デザイナーが一日中向き合うのは大きなPC画面です。その画面から発せられる「ブルーライト」という光は、眼や身体に大きな負担をかけるとされていることは皆さんご存知かと思います。
その光を少しでも和らげようと、PC用のブルーライトカットメガネを購入しました。

気になる効果ですが、言われてみれば疲れが減っているような気がします。
デザイナーになったおかげで、予定よりも早いメガネライフを送ることができています!

3 できることがどんどん増えていく

引き出し

入社して一ヶ月、学校では教わらなかったことばかり求められる日々です。
やったことがなくても、試行錯誤しながら自分の力で解決しなければならず、全く気が抜けません。
ひとつの仕事をこなす中でたくさんの学びがあるので、デザインの引き出しがどんどん増えていくのを日々感じています。
また、デザイン以外にも求められることはたくさん! 名刺交換の仕方やビジネスメールの書き方など、初めてのことばかりです。(ブログを書くのも人生初!)

4 健康を気にするようになった

デザイナーのお仕事は、丸一日ほとんど姿勢が変わりません。始業時間から退勤時間まで座りっぱなしです。
肩はバキバキで背中も痛く、少し前まで毎日の目標歩数を達成していた万歩計も、全く数字が伸びません。
少しでも体を動かそうと、通勤を徒歩にしてみました。そして、今までやったことのなかったストレッチを始めました。
楽しくお仕事をするには健康も大切ですよね。

5 成長を体感できる

ストレッチ

毎日のように追いかけられる夢を見ます。毎晩気が気じゃありません。
先日はゾンビに追いかけ回されました。

入社を機に増えたということは何かの暗示かもしれない…と思い、いくつか調べてみました。

『一般的に追いかけられる夢は、仕事や勉強、課題や締め切り時間など、精神的に追い込まれている状態にある時に見やすいようです。』
という診断結果でした。まだ片手で収まる程度のタスクしか抱えていないのに、自分のメンタルが心配です。
またもう一つの診断結果にはこう書かれていました
『追いかけられる夢は、困難な課題に立ち向かわなくてはならないとき、また、成長過程によく見ます。』
小学校に入学した日から、長い年月を学生として過ごしてきました。なんと計17年、驚きです。
人生で学生しか経験してこなかった自分が「社会人」になるということは、とても大きな成長のきっかけなのだと思います。
追いかけられずに済むよう、一刻も早く一人前になりたいです。

最後に

たった一ヶ月の間ですが、小さなことも含めたくさんの変化がありました。
今回のブログは、日常が変化するという貴重な体験を心に留めながら成長していこう、という思いで書いてみました。
これから先もっとすごい変化が待っていると思います。その日を楽しみに日々成長していこうと思います。