営業もディレクターもプロデューサーもみんな必見!人を惹きつけるおもしろプレゼンネタ5選

こんにちは!
ディレクターのネモトです!

最近企画書ばっかり書いててそろそろ企画書制作代行事業でも始めようかなってくらいこなれてきました。
見せませんけどね。

企画書もそうですけど、プレゼン資料とか原稿とかってうんうん唸って伝えたいこと書くとだいたいつまんない感じになっちゃうなーと感じています。
何回も何回も客観的に見て、無駄な表現を省いて、難しかったりわかりづらい表現は伝わりやすく変えて・・・
ってやってくわけですよ。めっちゃ時間かかるんですよ!!!?ポンポンポンポンでれるもんjフガフガ
失礼、取り乱しました。

そんなプレゼンだったり提案だったりで、難しい話の中にほっと一息つける小ネタとか用意してあげると、聞いている側の集中力も一旦リセットされてまた聞いてもらえるようになると思うんですよ!
そこで今回はグッと心が惹きつけられるような資料を作るためのネタとして、おもしろプレゼン資料を集めてみました!
おもしろいだけでなく、かなり心理をとらえたものばかりでかなり参考になりました。
では御覧ください!

マーケティングの真髄!プロレスラー スーパーササダンゴマシンの「煽りパワポ」

[two_fourth class=”” last=”no” ]

[/two_fourth]
[two_fourth class=”” last=”yes” ]
真っ先に紹介したいのはこちら!この動画を見てこの記事を書こうと決めました!
製品ポートフォリオやアンゾフの成長マトリックスなど、本格的なマーケティング手法を盛り込んだ煽りパワポは必見です!
もし気に入った方はピケティ登場の下記も是非御覧ください!
【煽りパワポ】「プロレス界における格差問題を解消する方法」 ❐

Facebook:スーパーササダンゴマシン | Facebook ❐
[/two_fourth]
[clear ]

言葉の力!コピーライターが送るネーミング提案!

[two_fourth class=”” last=”no” ]

[/two_fourth]
[two_fourth class=”” last=”yes” ]
コピーライターの長谷川哲士さんが、以前話題になった「脱法ドラッグの新しい呼び名の再提案」をプレゼン方式でしています。コピーライターならではの視点と、何より言葉のちからを見せつけられるスライドは必見!
HP:コピーライター長谷川哲士のワークス ❐
[/two_fourth]
[clear ]

昔話をロジカルに!プレゼンでおくる桃太郎!

[two_fourth class=”” last=”no” ]

[/two_fourth]
[two_fourth class=”” last=”yes” ]
なにがすごいって、ほんとかどうかはわかりませんがMicrosoftのプロモーションであるということ!パワポでロジカルに桃太郎を解説してます!
その他にもシンデレラやはだかの王様も・・・下記から御覧ください!
HP:ogasawaratomoyo – YouTube ❐
[/two_fourth]
[clear ]

この発想の転換はなかった!常識を見つめなおす痛快マンガ!

[two_fourth class=”” last=”no” ]
20150512nemoto01
[/two_fourth]
[two_fourth class=”” last=”yes” ]
これすごいっす・・・。普段はゲラゲラわらって見ているオモコロからぶっこまれた、普通が普通じゃないってことを再認識するマンガです。今、あたりまえに存在しているプロダクトもそれぞれにプロセスや偶然があって今があるということは伝えようとしt・・・というのは考えすぎかw
HP:【漫画】Re:プレゼンテーション | オモコロ あたまゆるゆるインターネット ❐
[/two_fourth]
[clear ]

中身なんて関係ねーんだよ!相手を引き込むプレゼンの極意!

[two_fourth class=”” last=”no” ]

[/two_fourth]
[two_fourth class=”” last=”yes” ]
最後にはこれしかないでしょう!皆さんTEDってご存じですか?我らがあきた舞妓の水野社長も登壇した、世界最高峰のプレゼンイベントです。そこで発表されたまさにプレゼンの本質をとらえた1本。ぐーっと引きこまれます。
HP:ウィル・スティーヴン 「頭良さそうにTED風プレゼンをする方法」 ❐
[/two_fourth]
[clear ]

いかがでしたでしょうか?
もちろん「良い物を作れるってことを伝えたい!」っていうのが提案の大本質ではありますが、「すごいでしょ!」「こんなことだってできるよ!」「こんなにお客さんいっぱい!」じゃおなかいっぱいになっちゃいますよね?
聞く人の立場になって「どうしたら伝わるか」の一歩手前にある「どうしたら聞いてもらえるか」を念頭においてプレゼンや提案に向かってみてはいかがでしょうか!