秋田県人だって、オリックス・バファローズが好っきやねん!

第1回『ポイントは3つだけ! これであなたも即バファローズマスター!』

たとえば、もし君がつまづいて  目の前が真っ暗になったとしたら…。

ちょっと、イマドキなアーティスト調にこんにちは。私です。

人間、生きていれば辛いこと、人知れず枕を濡らすことってありますよね?

そんな時、あなたはどんなモノに支えられているでしょうか。

私にとってソレが、プロ野球チーム“オリックス・バファローズ”なんです。

「なんで?」「どうして?」その質問に対しては、すでに1億回は聞かれていますので、割愛します。

強いていうならば、そこにバファローズがあったから。

おっと…いい女風の回答になってしまいました。

兎にも角にもオリックス・バファローズが好っきやねん! ということで、地球上で最も尊敬する人物は「福本”うまよりはやい”豊氏」の私が魅力をたっぷりとレクチャーしたいと思います。

今回は『オリックス・バファローズの応援スタイルが熱いんや!』編です。

 

其の一:球団応援歌がごっつかっこええ!

※懐かしのBs選手の姿と共にお楽しみください。

俯瞰で見てもソフトバンクホークスと1、2を争うレベルです。
「六甲おろし」や「闘魂こめて」とは激しく対照的な、球団応援歌「SKY」はバンドMEGA STOPPERが歌います。初めて聴いた人をも虜にしちゃう、軽快な爽やかソングです。レッツシング♪

其の二:タオルマフラーがなきゃ、始まらへん!

※大阪近鉄バファローズ時代のマスコット”バフィ&ファルル”のダンスでどうぞ。最後の一回転は現在はやっていません。

ヤクルトに傘、カープにしゃもじ、ライオンズにフラッグがあるように、バファローズにはタオルマフラーが必須。お気に入りの選手の背番号入りタオルを首に下げれば、準備OK。近鉄バファローズから受け継いだ応援歌のタオルダンスは、最高潮の盛り上がりです。

[clear]
[clear]

其の三:チャンテが、河内弁で激あつなんや!

※じっくりと歌詞を見ながら、ひたすらにお聴きください

近鉄バファローズとオリックスブルーウェーブが合併したわが軍。それ故、応援歌を覚えるのがベリーハードなんです。近鉄系の選手には近鉄から受け継いだ応援歌、ブルーウェーブ系の選手にも同様で、合併後に入団した選手には新たな応援歌…。ぶっちゃけ、てんやわんやです。その中でイチオシなのが、昨シーズンから新しく登場したチャンテ(チャンステーマ)「欲球根性(よっきゅうこんじょう)~河内のオッサンの丑~」。ネーミングセンスからしてヨダレもの。ただただかっこええ! 応援歌はガガガSPのコザック前田さんが提供しているものもあるので、要チェック♪

[clear]
[clear]

[space]

どうでしょう? あなたもだんだん興味が湧いてきましたよね。

そして! 愛すべきオリックス・バファローズはただいま絶好調!

ウエスト君(西勇輝選手♯21)、エースのネコちゃん(金子千尋選手♯19)、空を飛べる男(平野恵一選手♯5)、そして、かわいさ100万馬力のウィリー(ペーニャ選手♯42)。う、う、うれしすぎて、わたし小躍りしてます。ほんまに優勝してまう!

浮かれすぎはほどほどに、仕事では走攻守なんでもおまかせ“大石大二郎“を目指して、がんばります。さて、万が一、次回があるのならば、『オリックス・バファローズのマスコットが震えるほどかわいいんや!』で、お会いしましょう。