秋田に移住ってどんな感じ?「“秋田暮らし”はじめの一歩〜子育てカフェ&移住フェア」開催!

あなたの「明日」は「秋田」にあるかもしれません。

秋田県以外にお住まいの皆さまー!
唐突ですが「秋田に移住する」って考えてみたことありますか?
もしくは「今いる場所じゃないところで、暮らしてみたい」と思ったことはありますか?
「考えたこともない!」という方のほうが多いと思います。
でも、ちょっとだけ、新しい可能性を探ってみるのはいかがでしょう?

今月、首都圏の方に向けて「秋田に住むってどんな感じ?」ということをお伝えするべく「秋田県への移住促進イベント」が東京で開催されます。

2月27日は「子育てカフェ」@上石神井

01okappahouse2699練馬区上石神井「東京おかっぱちゃんハウス」で開催するのは、
秋田の子育て事情をクローズアップした「子育てカフェ」。
今、秋田で子育てをしている女性ゲスト3名によるトークセションを開催します。ゲストは現在、秋田県五城目町で地域おこし協力隊(FBページ「こさけ!五城目」)として活動されている丑田香澄さん。丑田さんは東京での子育てを経験し、秋田に移住された方です。もう一人は、秋田で子育てサポート団体「CHERISH」を運営する2児のママ、加藤未希さん。最後のお一人は、味噌汁を通じて子供の生きる力を育もうと「一杯の味噌汁プロジェクト」を立ち上げた小山明子さん。小山さんは3人の男の子を持つママです。
全国でも小・中学生の学力がトップクラスとされている秋田県って、どんな子育て環境なんでしょう?
子供にとっての環境、そして子育てする親にとっての環境など、
今まさに子育て真っ最中のママたち3人から「秋田の今」を伝えてもらいます。

また、秋田って食文化が豊かなことが自慢のひとつでもあるんです。
今回はお子さんと一緒に参加できるイベントなので、ぜひ親子で「味噌ボール作り」を体験してみませんか? 小山さんによる秋田のお味噌の特徴、歴史などのお話も交えながら、簡単に楽しく味噌ボールを作ってみましょう。味噌ボールはツヤツヤのあきたこまち、いぶりがっこと一緒に召し上がっていただきます。

古民家風の会場で、ゲストと参加者の距離も近いイベントです。
アットホームな雰囲気で秋田のことを知ってみませんか?
託児スペースや授乳スペースもあるので、お子様連れでも安心。
ただし先着30名までとなります。事前予約が必要ですので、
参加希望の方は今すぐお申し込みください!
申し込みページはコチラ

2月28日は「移住フェア」@銀座

A_01東京マラソン開催の日ですが、銀座で秋田の移住フェアも開催ですよ。
銀座8丁目のイベントスペース「CHAIRS」にて、「暮らしと仕事」についての情報が得られるイベントを開催します。
県内の8市町のほか、すでに秋田に移住を果たしている「先輩移住者」5名も合わせ、約20ブースが登場。直接、市町の担当者や先輩移住者とお話できるチャンスです。
また、ステージでは“高質な田舎”秋田県の魅力を知っていただくトークイベント(ゲストは「augument5」の井野英隆氏、「トラ男」の武田昌大氏、雑誌『TURNS』編集長の坂本二郎氏)や、先輩移住者たちのトークセッション、8つの市町村担当者による地域の魅力プレゼンタイムなども行います。
参加無料、予約も不要なので、ぜひ気軽に会場にお越しください。

ちなみに、augment5の井野さんによる秋田県のイメージ動画がこちらです。

まとめ

ひとことで「秋田に移住」といっても、住む地域によって特徴や特性はさまざまです。移住自体を前向きに検討している方も、今まで考えたことがなかったという方も、ぜひこのイベントで新しい出会いを体験してみませんか?

イベントチラシはコチラ↓

flyer_akitaAD (5)